仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

すべて実話の出家体験記 好評連載中(ここクリック)

 暮らしに役立つ仏教講座 好評お届け中です 

年納め・座禅エクササイズとクリスマス仏教ライブ
くわしくは★12月の講座案内をごらんください(→)

 出家、日本をゆく(ブログ日記) 
11月28日(月)

とある場所で、法事をつとめる機会をいただいた。

関わる方々あることなので、詳細は語らないが、

法事(=仏事・葬儀関連の儀式)には、いくつかの欠かせない要素があると感じた。

故人と、ご遺族と、その方々のご先祖と、仏法、そして仏者(僧侶)の働き、である。

たとえば、お墓の前では、ご先祖への礼拝が欠かせないはずだ。
墓とは、先祖方々との法縁の象徴だろうと思うからだ。

経を納めるにも、ひとつひとつ、たしかな意味を示す必要がある。

でないと、墓前のご遺族は、心で何をしたらいいかわからない。
生者の心がさまよっては、法事という大切な儀式を完結することはできない。

そういう、たしかな意味を示し、ひとつの時間(とき)を創るのが、
導師(=道を引く師)としての仏者のつとめであろう。

その席では、不思議な感慨を体験した。

わが命には、

仏法――それも2500年を超える歴史の縦軸と、
日本からインドなど海外にもつながる独自の横軸をもつ思想がある。

過去の人生に刻み込まれた数々の出会いと別離へのさまざまな想いがある。

故人とご遺族に差し向けるべきたしかな思いがある。

その心を背に、経という一事に集中するとどうなるか・・・

たしかに空気が変わるのである。

私は、仏者として、かたちだけの経は読まない。

必要とされたその場所では、全身全霊をこめて差し上げる。

故人に生者がなにを捧げるべきか、なにを語りかけるべきかも、
きちんとお伝えする。

その儀が終わったあと、なんというか、

2500年余の仏法に基づくはるかなる法縁(つながり)の中に、
故人がきっちりと抱かれた、

そのような感慨をもった。

こういう働きこそが、仏者の仕事であり、
仏教だからこそできる葬儀、死者の見送り方なのか、とはじめて感じた。

なんとも尊いことだ・・・ひとつの命をまっとうされた故人も、

その故人とつながり思いを寄せて集うご遺族も、

また彼岸と此岸(しがん)に位置する双(ふた)つの方々を橋渡す仏者の役目も、

2500年の悠久なるときを超えて広がり息づく仏法という命脈も。

それらが精妙に結び合わさった場が、
仏教に基づく葬儀なのである(であるべきである)。

目に見えぬ、広大無辺のつながりを感じているか。

そのつながりの中で、ひとつの関わりをとり結ぶことの奇跡を想えるか。

ひとつの命を弔う式が、ほんとうの意味を持つか否かは、
そういう深い部分できまる。

終わったあと、なんともいえぬこの世界の豊穣を見た。
故人もまた、つながっている。

この命が日ごろ伝えていた

「仏教だからこそできる、ほんとうにありがたいと思える葬儀を」

という言葉の中の一部を、

期せずしてご遺族からいただいた。

仏法の花がひとつ開いた日、と伝えよう。

帰り道に見た、秋色の山々のせつなき美しさと、
車内から見えた、赤やけの輪郭に映える富士山とに、
この命は慰撫された。

ひなやかな日本の風景と、日本ならではの法縁(つながり)とを、いただいた日だった。

仏法は、どこまでも深い魅力を湛えて、ときの流れの中で異なる光を放ってみせる。

その法脈(はるかなるつながり)に帰依した故人も、ご遺族も、この命もまた、
幸い哉(かな)である。


日本も、インドも、この命にはどちらも等距離だ。

生者にとっての確かな意味を創りだし、
故人と生者とをとり結びひとつの法脈に位置づけるはたらきを、

これからも誠意をこめて、つとめさせていただこう。

等距離の真ん中にはなにがあるのか(どこから出ているのか)、と聞かれた。

即座に出てきたのは、「死」だった。

仏者の真ん中には、死がある。

その瞬間に、何を念じ、何をもって心満たすかを、この命は悟っている。

だから、どこまでも、こころひとつで赴ける。

願わくば、すべての命が幸福を成(じょう)ぜんことを。
深謝合掌。