仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

出家体験記『ブッダを探して』火・金更新中

      興道の里 くさなぎ龍瞬の寺子屋        

2月11日(土祝)・12日(日)・19日(日)は座禅エクササイズ
寺子屋ラインアップは★新春講座案内をごらんください。

たしかな価値を創り出せる一年にしよう

     出家、日本をゆく     
ブログ日記 1月31日(火)

日本海側は大雪らしい。
近頃出会った方々がおられる場所。どんな感じなのだろうと想いを寄せる。

日曜の仏教ライブは「生活向上の5つの思考法(カギ)」

来てくれたみなさん、どうもありがとう。

これからは、一つのテーマを日にちをかえて2回やろうと思います。

話す内容は変わる。来る人によっても変わる。ライブは生ものだし。
来やすい日に来ていただければと思います。

今回は「思考法」のひとつとして、

「貢献第一」というモチベーションを、という話があった。

仏教では、自分の欲目・都合(=やりたい)だけで動くことに価値を認めない。

“誰かの役に立っている”という状態そのものが価値。

そういう価値観で働くと、
どんな働きであっても満足できるようになる。

お役にたてれば幸いです」というフラットな心境。

「やりたい」ことではなく、
「やる必要がある」ことをやる。

だから、必ず相手の要望を最初に聞く。状況を理解する。
その上で、やらねばならないことを引き受ける。
そのあとに、個人的な歓びが来る。

「残業せざるをえない状況なのだが、自分が残業したら、上司もつき合わなければならず、
周囲の顰蹙も買ってしまうような場合は、どうすればいいか?」

と質問があった。

貢献第一で考えると、
残業せざるを得ない客観的状況で、その役割を自分が引き受けるのは、
純粋に善いことだ。

それで顰蹙を買うとしたら? 周囲との兼ね合いをどうするか?

残業を感謝できない上司や同僚こそが問題だと思うけど(^^;)、

「つきあってくれてありがとうございます(この仕事はやっておかなくちゃいけないので)」

という気持ちをあえて向けることなんじゃないか、とひとまず思う。

たぶん、発想として大事なのは、ひとつの「立場をとる
ということなのだろう。

会社の利益に貢献するを第一とする。それが「自分の立場」。
だから残業も引き受ける。自分の物事として。

だから、その時間に付き合ってくれた人たちには主体的に「感謝」する。

「よくつき合ってくれましたね(ありがとう)」
という明るい感謝を心にすえる。

相手がそれにどう反応するかは、相手の問題(ゆだねる)。

ただ自分自身は、善きこと、会社にとって価値のあることをやっている。
そういうはっきりした立場に立つ。

貢献第一を心の軸=自分の立場にすえると、心はブレなくなる。

それが客観的にも貢献になっているなら、きっと評価してもらえるはず。

ほかにもいろいろ話があった。つづきはまた(^^)。

※なお terakoyakodonosato@gmail.com

に空メールを送っていただければ、よりつっこんだ内容のメール通信を差し上げています(^^)

お茶会も楽しかった。
善き人たちが来てくれることは歓びでございます(^V^)。

2月11日・12日の連休は、入門・座禅エクササイズ。お友達にご紹介ください。

11日(土)午後1時~4時には、初企画のダンマトーク(法話)。

内容は、
①こちらで用意する仏教ライブ(=テーマは来てのお楽しみ)と、
②参加者のリクエスト・質問に答える即興ライブ 
とがあります。

ふだんはできない話が、自由に、ゆっくりとできると思います。
ぜひお立ち寄りくださいね。

最近出会った新潟の方々の今日を想いつつ――。