仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

半生記『ブッダを探して』東大編 3月9日スタート予定

   ブログ日記 “出家 日本をゆく”   
2月26日更新しました。

3月4日(日)午前10時~12時
実用仏教トークライブ
「雑念を“斬る。” ムダな心の片づけ方」
“ときめきの魔法”はモノの片づけだけじゃナイんですスペシャル

講座ラインアップは★新春講座案内をごらんください。

2月26日(日)

本日の仏教ライブにお越しのみなさま、
まことにありがとうございました。

用意した資料プリントが足りませんでしたね。
メールを頂ければお送りしますし、次回また用意しておきますね。

今日の“おさらいメール”は、近日お送りするとして、
最近のできごと――

(なおこのブログをご覧になって空メールを送って下さった方には、
仏教ライブの内容を振り返るおさらいメールをもれなく配信しています)
terakoyakodonosato@gmail.com


バングラデシュ人の友ができた。

大晦日の夜、私が新宿通りを歩いていたら、

車から降りて来て、合掌して、ワンコインをお布施してくれた。

それ以来の付き合い。すっごく簡単な出会いだった。

昨日、ちょこっと都内をドライブした。

幼いころから敬虔な仏教徒。

(バングラデシュには仏教徒は多くない。ヒンズー教徒とムスリムが多数派)

タイ→韓国→そして日本。日本でもう4年めになるそうだ。

武道館前の通りでケバブを売っている。

念願の自前の店がもうすぐ荒川でオープンする予定。

ちっちゃなバンも、調理師免許も、日本語も、

日本に来てから手に入れたもの。よくやるなあ、と感心する。

メディテーションをやりたい、そのうち場所を作って人を集めるから、
一緒にやろうという。

日本の人たちにお世話になっているから還元したいのだそうだ。

インドの友と同じだ――情熱的で、信仰心が篤くて、話が大きく広がる。


出家して何が一番変わったかというと、

こういう異国の友が簡単にできること。

インド、タイ、ミャンマー、そして

こうしてバングラデシュや台湾の人たちとも、すぐに友だちになれる。

私の場合、
伝統仏教の思想の中で、「これだけは共通してブッダの教えである」

という本質、原理的な部分だけを軸にすえて、

残る部分は、その場所・ひと・状況に応じた応用系、
アレンジはさまざまでよいと思ってるので、

けっこう身軽に動けるのかもしれない。

ブッダの教えが、ほんとうに、今の時代、世の中、そのひとに役立つには、
そういう開かれたスタンスがいちばんよいと、個人的には思ってる。

人生をシンプルに生きようと思えば、

心の軸」を固めることではないだろうか。

私の場合は、ブディズム――ブッダが説いた幸福への原理。思考法。

そこさえ確かならば、誰とでも、どこにいても、通じ合える。

仕事も、生き方も、人間関係も、こだわりを持てば持つほど、しんどくなるよね。

でも軸さえ定めれば、あとは自由に“踊って”いいんじゃないかな。

この時代を、生きてることを、楽しもうよ。

こうして、出会えることもね。


開店の日に法事をやることになった。

近いうちに、みんなと一緒に食べに行くことにしよう。たぶん春。

題して「荒川バングラデシュツアー(食べ歩き)」。都電乗ったりして?

後日告知しますね。

彼の日本での将来が明るいものでありますように――。

今日会えたみなさんが、元気でありますように――
(もちブログを見てくれたあなたにも)。