仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

出家体験記『ブッダを探して』

   ブログ日記 “出家 日本をゆく”   
3月22日更新しました。

★4月8日(日)新生活応援ライブ「修行したい君に贈る言葉 目的成就の10カ条」
★4月15日(日) 入門・座禅エクササイズ
★4月28日(土) おとなの寺子屋 テーマ自由の仏教学習会
講座ラインアップは★春の講座案内をごらんください。

台東区上野で夜のカレッジ開催決定!6月13日から

3月22日(日)

座禅道場では、毎回新しい出会いがある。

しかも、みなとても熱心に取り組んでくれる。

座禅のひとつのコツ・目安は、

「静寂な心の状態に慣れる」こと。

普段のいろんな考え事でぐるぐる回っているアタマの状態を、ストップする。

それは回り続ける洗濯機の電気を抜くようなものかもしれない。

中に入れた水が、渦を止め、波が止み、それこそ波紋すら立たない静寂へと化す。

その「しん」と静まりきった状態に達すると、
時間が止まる。

あれほどざわざわ、そわそわと動いていた心がぴたりと止む。

最初はうろたえるくらいの静けさである。

ただ、それが終わりではない。そこからが本当の始まりなのである。

道場では、この「静寂に持っていくやり方」を工夫している。

場数を踏んで慣れてくれば、静寂に入る時間が短くなるだろう。

もちろん自宅でもできるのだが、やはり道場でみなと一緒にやるほうが集中できる。

一度、静寂に達した人はこう思うだろう。

こんな安らぎがあったのか!」と。

まったく異質の幸福感である。

その心境に近づいていってくれたらと願いつつ、工夫を重ねています(^^)。

今度の入門は、4月15日。
レギュラークラスは、午後に持ってきましょうか。時間たっぷりとれるし。

仏教ライブも、ペースを落として、じっくりやっていきます。

心の本筋を取り戻す、道に帰る、というイメージで、

月に一度でも二度でも、たまにでも、
来てくれたらと思います。

次第に、「里」の核になる空気というか、進め方が見えてくるだろうと思う。

何事も続けていくことですよね。

窓の光に知る 春はそこまで