仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

   ブログ日記 “出家 日本をゆく”   
4月4日更新しました。

★4月8日(日)新生活応援ライブ「修行したい君に贈る言葉 目的成就の10カ条」
★4月15日(日) 入門・座禅エクササイズ
★4月28日(土) おとなの寺子屋 テーマ自由の仏教学習会
講座ラインアップは★春の講座案内をごらんください。

台東区上野で夜のカレッジ開催決定!6月13日から

4月4日(木)

いつの間にか桜が咲いてた。

ここんところ原稿書きに追われていて気づかなかった。

20代のころは、桜が、日増しに明るくなる日の光にくすぐられて、

枝のつぼみがひとつひとつ、刻々と細胞をふくらませて、

ある日一気にほころび開くという現象を、見てとれた。

昼下がりの桜の枝を見つめていると、

つぼみがこの瞬間にも変化している様子が伝わってくる気がした。

命が動いている――。

この春は、それとは対照的だった。見えてない。雑事に追われてる。

仏者としての身と、世俗で活動する身の上は、矛盾してると思う。

日本で活動するということは、この矛盾を抱えて生きていくということなんだな、

と思ったりする。

本当に必要なこと・かけがえのない真実というのと、

世俗でのなりわいというのは、

多くの部分で重なってないような気がしない?(問いかけ)


この矛盾を、新しい価値につなげていけるように知恵をしぼって生きていく、

というのがせめてものモットーなのかも。

がんばらないと。

皆さん、よき春を。教室でお会いしましょう!