仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

みえない「基本線」

7月8日           ※仏教講座の日程は下のほうにあります↓

メール通信のつづきになるけど、
『8時だヨ!全員集合!』のいかりや長介は、 「歯みがいたか〜、宿題忘れるなよ〜」と叫んでた。
子供向けには手頃なメッセージだった。愛情があって、しかも気軽に聞ける。

私なら子供に何を叫ぶだろう(ハッピ&鉢巻き姿で?)。
たぶん伝えるとしたら、「やさしくなれよー」かな。
(「座禅しろよー」はイケてないな……仏教は無粋ですね(= =;)。)

自殺の練習をさせていたといういじめ事件があった。
他人を苦しめることを自分の快楽とするというのは、邪悪さのきわみ。
「絶対に許さない」という基本線を引くことが基本になる。

なのに、大人たちがその基本線を引いて示せない。
自分の都合・思惑を引きこんで、崩してはいけない基本線をあいまいにしてしまう。

自分が何かを得るために人に苦しみを強いるというのは、あってはならないこと。
でもその基本線が、この社会ではけっこうあいまいなように思う。

たとえば、母親が生活保護をもらっていたタレントを攻撃している国会議員。

その名分は一見正しいように見えるかもしれないが、 本来政治家が追求すべきは、給付した行政側の問題であるはず。

もちろん保護を受け続けた側のモラルの問題はあるかもしれないが、国民個人を真っ先に攻撃するというのは国会議員の仕事ではない。
(今回は特に給付を受けていたのは母親であってタレント自身ではない。法律上の扶養義務はあるとはいえ、まったく別の人格だ。)

国会議員の仕事はあくまで法律を作ることだ。そのための権限である。
もし制度の運用に問題があると思うなら、その運用のあり方そのものを検討すべきなのであって、利用した国民個人のモラルではない。
あるいは処分の取り消しと過去の受給分の返還手続きを進めるよう「行政側」に促すか。それが本筋だろう。
そこを超えて、一私人を公の場で批判することは、国会議員の職務を逸脱しているのである。

この議員は、多くの国民に支持されていると胸を張っているという。 しかし、国民たちが感じているのは、不正受給への私的な「怒り」だ。
その怒りを、公権力の側に立つ人間が、そのまま特定の私人に公開の場でぶつけていいということにはならない。 市井の人々の「感情」と、国会議員の「職務」とは、明確に位置づけが異なるものだ。

権力は濫用してはいけない。権力を国民個人に行使するときには、適正な手続きにのっとって行わなければいけない。 (ここでの権力は、強制力だけでなく社会的影響力をも含む。)
これは、統治の基本ルール。この社会が保つべき「基本線」だ。

この議員がやっていることは、自分の職務をはきちがえた個人攻撃、 権力を持った人間が権力なき私人を叩くいびつなパフォーマンスではないか。
「基本線」を簡単に踏みにじって越えてしまっている。元々やってはいけないことなのである。

この社会には、力ある者が力なき者を、一見正しそうな理屈・名分をもって叩くという、いじめの構図があるように見える。

それらしい理屈を作って、気にいらない人間を排除しようとする子供たちのいじめと、
それらしい理屈を作って、叩きやすい方を執拗に叩きつづける、かの国会議員の言動は、
同じとまでは言わないが、根っこにある発想(メンタリティ)は似ているような気がする。

それは、他者の痛みにあまりに鈍感であるということだ。

「守るべき基本線」が見えない社会である。

●7月15日(日) 午前9時半~12時
 座禅エクササイズ            

座禅で大切なのは、「座り方」よりも、「ココロの働かせ方」。

正しい方法を実践すれば、
日ごろのいろんな課題・問題を上手に解決できるようになります。

徹底して「本質」を伝えることを方針とする座禅道場。

寺通い10年のベテランが「座禅を何も分かっていなかった・・・」と語るほどの、
確かな方法論で構成されたプログラムです。一度ご体験ください。
 
初めての人には特製ガイドブックを進呈しています。

構成
・約30分のガイダンス
・90分のエクササイズ
・質疑応答&まとめの法話

場所 赤城生涯学習館  新宿区赤城元町1-3 
JR飯田橋駅/東西線・神楽坂駅  赤城神社隣
参加費 はじめての方1500円  2回目以降の参加者1000円
予約不要。直接会場まで。

場所 赤城生涯学習館  新宿区赤城元町1-3 


●7月18日(水) 午後7時~9時   夜の会 
 おとなの寺子屋・夜の会  テーマ自由の仏教学習会   


一日の終わりに、ちょっとユニークな学習会はいかがでしょうか?

「仏教を学んでみたい」「とにかく話を一度きいてみたい」人におススメ。

①即興♪仏教講座 テーマは当日のお楽しみ。

②おとなの語り場  参加者をまじえてのざっくばらんな座談会。

生活向上のヒントがかならず手に入ります。

☆飲み物&軽食はご自由にお持ち下さい。

場所 赤城生涯学習館  新宿区赤城元町1-3 
JR飯田橋駅/東西線・神楽坂駅  赤城神社隣
参加費 はじめての方1500円  2回目以降の参加者1000円
予約不要。直接会場まで。

7月19日(木)、8月2日(木) 午後2~4時
 巣鴨・おもしろ日本仏教講座                   

シニア受講生に大好評だった豊島文化カレッジのシリーズ化。

日本の高僧たちの生きざまをたどり、彼らが目指したものを明らかに。

「今をいきる私たちにとって本当に必要な仏教とは?」が見えてくる。

毎回書き下ろし読みものプリントつき。

20代から90代まで楽しく学んでいます。

第1・3木曜 午後2~4時
巣鴨地域文化創造館 豊島区巣鴨4-15-11 
JR・都営三田線巣鴨駅。巣鴨地蔵尊通り入って徒歩10分左側。
体験受講1500円(資料代込み)。
予約不要。直接会場まで。