仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

座禅=ヴィパッサナーの極意!? その2

はみだし人生相談室オープンしました
新聞・雑誌の人生相談に、「こんな考え方もありますよ」と“はみだして”お答えするコーナー

(つづき)
ちなみに、坐禅エクササイズをしばらく休んで久しぶりに来た人を見ると、
「先を急いでいる」ココロの様子がありありと見えることがあります。

「雑になったな~」と丸分かりです(^-^;)。

歩く禅をやっているのに、「上げている、運んでいる、下げている」がまともにできない。
なるべく早く歩こうとしている(早く歩くことはその場では必要ないのに)。

こういう姿を、「俗化しちゃった」と言います(笑)。
「ココロのクセが戻ってしまった」とも言えるかもしれない。

当たり前のことを当たり前にできることが、最も優れたココロの能力のはずです。そう思いませんか?

歩くべき時は、心尽くして歩く。
立つべき時は、心尽くして立つ。
進むべき時は、心尽くして進む。

それができてはじめて作業は正確に、早くこなせるようになる。
人生を無駄なく生きられるようになる。
やみくもに「早く」というのは、「雑」なだけなのです。

とにかく「いっときに一点の感覚に集中する」ことを心がけましょう。
他の感覚は「捨てる」。一つの対象に意識を絞り込む。(精進=努力する)

いかがでしょうか。禅=ヴィパッサナーは奥が深いのです。

たいてい、その深さを理解する前に降りてしまうのですけど……(笑)。

私も工夫して参ります。

そうそう、どなたか、メトロノームのいらないのがあったら、ご提供下さいませんか。歩く禅に使ってみたいので(掲示板?)