仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

「仏教」を超えた広い真理を

今週末の教室は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★
●9月20日(木)午後2時~4時 生き方としての仏教講座 巣鴨地域文化創造館

●9月22日(土)午後2時~5時 土曜午後のおとなの寺子屋  テーマ自由の仏教学習会
●9月22日(土)★午後6時半~9時 夜の禅瞑想の会(禅エクササイズと法話) ほか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★


9月18日(火)
日曜夜の「手放す&ラクに生きる心の技術」には、さまざまな背景をもつ人が来てくれた。

この夜の講座は、毎回、かなり内容が濃い。
最近は、他の場所で長いこと仏教を学び続けてきた人も来るようになったから、いきおい内容が突っ込んだものになる。人生の切実なテーマを抱えてこられる方もいる。

こういうディープな勉強会というのを定期的にやるのは、よい選択だろうと思う。
10月から始まるシリーズ講座も、このスタイルの延長になるだろう。
参加者同士もなじんでいくだろうから、よきつながりが生まれてくるかもしれない。

仏教、というよりブッダの真理は、日本やタイ、スリランカなどにあるどの伝統・宗派ともちがうものだ。
よく語られる「これが本当の仏教(=他はちがう)」というのは、無駄な雑念・邪念だろうと思う。

宗教というのは、“人のための真理”を語りながら、けっきょく、
語る中で自分の中の慢(うぬぼれ・プライド)や私欲・自己都合の解釈にとらわれて、
自分が気づかぬうちに、
“自分のため”という閉ざされた領域に、真理を封じ込んでしまう。

多くの“仏弟子”(僧や長老)たちが、いつしか自分自身の見解の中にガチガチに自分を閉じ込めてしまって、満足・自足してしまっている。

心は成長していない。そして、いつまでも自由になれない。

ブッダが見た真理Dhammaというのは、誰のものでもない。

真理というのは、つねに開かれたものだ。
仏教というのは、人間が想像しうる以上に開かれたものである。
どの“仏弟子”たちが語る「仏教」よりも、ブッダが説いた真理というのは、はるかに大きく、広いのだ。

そのことを、みんなにも見てほしいと思う。

人間の思惑・想像を超えた地平に、真理Dhammaはあるのだということを。

もっともっと広い真理を。