仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

インド帰郷3 希望の水

12月23日

◇ナグプールマップを作るために、市内を回る。トラの保護地区の森をドライブしていると、目の前に血まみれの老婦が倒れている。家族らしき女性はパニック状態。助手席に座っていた私に「バンテジー!(お坊さん!)」

ただちにメンバーたちと老婦を抱え上げてバンの後部席へ。ディパックが冷静沈着に老婦を抱きとめ、「バイ?バイ?(お義母さん)」と泣き叫ぶ女性を同乗させて急遽発進。日本のような救急体制はこの地にはない。ラケシュが車を運転。バンに乗っていたワスほか二人は車を降りてバイクで後に続く。流れるような連携。誰が何を語るまでもなく、みな何をすべきか知っている。

あとで友たちがいうには、家族が路上で助けを求めても、ドライバーたちは警察沙汰を恐れて止まってくれなかったそうだ。坊さん(つまり私)が乗っている車なら助けてくれるだろうと思ったという。警察も坊さんが乗っている車に目をつけはしない。僧であることが意外なところで役に立った様子である。

病院に運び込む。脳挫傷で、意外な重症らしい。老婦は車内で吐いてしまって、抱きとめていたディパックのワイシャツとズボンは血と吐瀉物で汚れてしまった。それでもディパックはイヤな顔ひとつしない。このチームは尊敬すべき仲間たちで作られている。新しい服一式をディパックにプレゼントした。


◇日本ポリグル社からいただいた水質浄化剤を、いくつかの場所でデモンストレーション。反響が大きい。インド全土で水の汚染が問題になっている。“ポリグル”は、池・川・井戸の水を汲み上げて、浄化剤(粉末)を攪拌するだけで汚染物質が凝固、沈殿するという画期的なもの。浮遊物が舞う水がみるみる透明になっていくのをみて、みな笑い出す。この浄化技術は、これまでの濾過という浄化法とは、原理・発想がまったく違う。私が飲んで見せるまでもなく、みなためらいなく飲み干す。

水の汚染で困っている人々に優先的に頒布する、利益が上がる段階になったら、何割かを地域改善に役立てる、利益の活かし方としてコミュニティ全体のインフラ整備・保険・基金などに当てる、あるいは社会活動を頑張っている篤志の団体・個人を表彰する、奨学金にあてる、といった方向性を話し合う。

この幸運を次の善き価値の創造へ――この地の団結力と技術力と正しい動機をもってすれば、かなりの成果が見込めるだろう。

ポリグル社のバングラデシュでの活動を特集したテレビ番組をみな熱心に見ている。「ポリグル」「オダセンセイ」を覚えてもらった。

いくつかのハードルがある。ひとつは政府の認可(ISI)を得ること。これは可能らしい。もうひとつの壁は、「市場で売る」こと。インドの飲料水市場は、ヴァイシャ(商人)カーストで寡占されている。上位カーストの事業に割り込もうとすれば必ず妨害されるという(このあたりはほかの国とは違う事情がある)。

まずはウダサ村からスタート。近郊村落での頒布。地域限定で売ることは難しくない。もし「売る」ことが難しい状況であれば組合形式にして会費を集めるという形ではどうかという話。いろんなやり方があるだろう。「ステップ・バイ・ステップ」で状況を変えていけばいい、という話。


すべては「オダセンセイ」が来てからの話。この新しい水プロジェクトは、インド社会に大きな慈雨をもたらす可能性を秘めている。成功を願う。