仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

ただいま帰りました!

1月14日
こんにちは、くさなぎ龍瞬です。

ようやく日本に帰ってきました! ミッション完了です(ふう~)

インドは烈しかった――毎日がめまぐるしい。
今回体験・見聞きしたことのすべてがわずか3週間足らずの間の出来事だというのは、かなり不思議。

今の心境をたとえると、味わう間もなくたらふくバイキング料理を食べさせられて、一体自分はナニ食ったのかこれから思い出そうとしているような感じ(?)。

ブログで報告していたインド訪問記は、まだまだ続きがあります。

詳しくは2月2日の年初めライブでお話しましょう。
現地の写真もお見せします。お楽しみに!


上野にたどり着いたとき、冷涼たる空気に触れて、正月を迎えたような気になりました。

「今年はがんばるぞ(やらねば)」という感じ(過去を見ない坊さんは「今年も」という言い方はしない(笑))。

ちなみに昨年の抱負は、「一年ライブを休まずに続けること」だけでした。

完遂。それだけでいろんな出来事に恵まれた。神楽坂での事務所開きも、インド再訪も。二冊目の本も。

今年も同じ。目の前を見て、理解して、自分にできること、なすべきことをやる。

もし正しい行いをやっていれば、自然に因縁というのはつながってゆく。
自分としては、だから何も考えないで、行いに努めるだけでいい――。

今年は日本での活動3年目。よきつながり(ご縁)が増えてきた感じがします。

これからもっともっと確かな心通う関わりをつくっていきたいと願っております。

本年もどうぞよろしくお願いします。


今回の旅でひとつ感じたこと――それは、

仏教発祥の地インドで仏教を伝えられることの幸せ――です。

今回発見したのは、私が伝える“伝統フリーな仏教”がインドで受け入れられる可能性がかなり高そうだということ。

ナグプール、バンガロール、と大きな都市二つに活動拠点が簡単に見つかった。
私が今後インドに渡れば、現地の人々が会場&人集めのお膳立てをしてくれることに。

今後は、身ひとつでかの地に渡って、その場でブディズムを説き、仏教を奉じる現地の人々を励ますことが可能になったのです。

仏教を伝える者にとって、仏教誕生の地で仏教を分かち合えることほどありがたいことはない。

僥倖(ぎょうこう=思いがけない幸せ)にあふれた旅となりました。

さて、2月、3月と単発の講座をやって、4月から通年のシリーズ講座をはじめます。

ワークショップも定期的にはさんで、サークル的にみなさんの横の交流の場としてもらえればと思っています。

日本で通じる内容は、インドでもダイレクトに伝わるのです。いうなれば、仏教講座に通ってくれるみなさんは、仏教発祥の地インドでの仏教のリバイバル(復活)を後押ししてくれているのかもしれない。みなさんに紹介する内容が今後そのまま英語バージョンでインドで紹介されていくのですから。

もし仏教がいったん絶滅したインドにて、かの地の仏教徒たちが、

日本ではじまったこの場所での仏教を

“ダンマ”として受け止め、心の拠りどころしてこれからの世の中を作っていってくれるとしたら――どう?

夢想は禁物だし、別に価値を確認する意図もないのだけれど、
日本とインドで始まろうとしているこの道は、
“新しい善き価値の創造”という、私が唯一こだわる価値を具体化してくれる可能性を秘めている様子。

ならばこのまま歩き続けるのみ。

本当の道は、たどりつく先を見なくても、
今歩いているこの一歩一歩に充実を感じるものでしょう。

この一歩に気持ちを込めること。
それだけで必ずどこかにたどり着けるであろうという予感がすること。
それが理想の道なのではないかな――。

今年一年は、
仏教ライブを休まずに続け、
三冊目の本を発表し、
年末にはもう一度インドに渡る(いよいよインドでのダンマライブが本格スタート)、
というのを方向性に、がんばります。

みなさん、ご支援よろしく。そしてご同行あれ!

あなたにとってこの一年がよき年となりますように。