仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

シリーズ講座第1回 「道のある生き方と……」


2月9日にスタートした 仏教のきほんを学ぶ講座 は、
案の定、内容がけっこう変わった。

というよりほぼまったく新しい内容になったといえるかもしれない。

第1回のタイトルは 「道(正しい生き方)」。

大枠は同じ。
人生には二種類あるといえるかもしれない――

ひとつは、その場その場の欲や怒りや妄想の充足をもとめて生きるすがた。

これは、世に多くある生き方。仏教では、“迷い”の人生として理解する。

もうひとつは、方向性を見定めて、そこから心を外さずに生きていく生き方。

めざす方向が定まれば、“道”ができる。

その道をどう歩んでいくか、その方向にどうやってたどりつくか、
という“方法・よりどころ” が定まれば、もう迷う必要はなくなる。

ひとには 道 があったほうがよいだろうと思う。

なぜなら、道のない生き方では、人はえてして幸せから遠ざかってしまうものだから。

多くの人が、生まれてこのかた、これでよかれ、これでよし、と思って生きてきたはず。

ところが、自分ではよかれと思って選んできたはずの人生で、いつの間にか、

「あれ、これでよかったのかな」という思いに漬かっていることがままある。

そのときそのどきの選択・判断が正しいとは限らない。

ましてや、自分では選べない環境・境遇・人間関係のなかに置かれた人であれば、
なおさらそのまま生きていくことが正しいとはかぎらないだろう。

ひとは、どのような場所にあっても、「これからどの方向をめざすのか」
「どの場所にたどりつくことをよしとするのか」

という“方向性”は必要なのだろうと思う。自身の幸福のために。

方向が定まること。
そして、そこにたどりつくための方法・よりどころ(心の支え)があること。

それさえはっきりと定まれば、あとはその場所へと日一日(ひいちにち)一歩ずつ進んでいけばいい。
ときに止まったって、休んだって、後ろに下がることがあったっていいのだ。

方向性が定まれば迷いはなくなる。

その方向性が自分にとって確信ともなれば、もはやその人生は、ただの世に多くある人生とは画然と異なるだろう。

めざすものに確信をもてる人生を、“信ある人生”と呼ぶのである。

確信とか、信仰とか、信心というのは、そういう めざすものへの確信 をいう。

もしその確信さえ持てれば、人生は不動のものになる。けっして迷わない。動じない。たとえ一瞬自分を見失うようなことがあっても、ほんの一瞬考えれば、「そうだ、私はこの道をゆくんだった(ほかにめざす道なんかない)」と思い直して、またその道を歩きはじめることができる。

仏教を学ぶということは、ひとつの”道ある生き方“を学ぶということ。

仏教における方向性・めざすべきものというのは、

ひとつは、三毒(心を毒する三つの煩悩・苦しみ――貪欲・怒り・妄想)から自由になること。

ふたつは、慈しみの心で満たされること。

その上で、自分独自の方向性(夢・希望・目標と呼ばれるもの)を持てばいい。そこは人それぞれの自由。

そういうかたちで、行き先を見定めて、日々を歩いていく。
それがたとえて言うなら“仏道”と呼ばれる生き方である――。

そういう話。前回配ったテキストに、新しいテキスト「命閉じるとすれば」を配布。

ブッダの命のとじ方(臨終)と、先月なくなった柴田トヨさんのさよならの仕方は、とても通じている。

最期の言葉は、残される者たちへの感謝とはげまし――。

シンプルだけど、現実を見渡せばとても難しい“命の閉じ方”。

そういう終わり方をするには、何を心がければいいのか。
どのような心で、“その時”を迎えればいいのか。
そのような心で迎えられるには、今どのような生き方をすればいいのか。

そういう話をした。

(この場所での講座というのは、「同じ」ことはほぼありません。サービス精神旺盛ですから(笑)。)

ここから先の基本シリーズ講座でも、タイトルは共通で、基本テキストも共通だけれど、
それプラス新しい教材をなるべく用意して、お配りしたいと思います。

道というのは、深く掘っていかないとね。いよいよいっそうくっきりと――。

水曜クラスは明日13日の夜7時から。

土曜クラスの次回は、23日。場所は変わって、四谷地域センターです。