仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

5月のおたより

5月16日
まずはおたよりから

「おかえりなさい。

水プロジェクトの進展は、素直に嬉しく思います。
同じ人間として、早くおいしいお水を飲める環境を手に入れて欲しいと思います。

それにしても、49度ですかΣ(゜д゜lll)苛烈ですね。
>行きたいか行きたくないかといわれれば、行きたいとは正直思わない(笑)。

というのは正直意外でした。
インドの地に立ったことがない人間には想像を絶するのでしょうね?
環境もそうですが、伝え聞く文化も・・・。

そんな中での仏教を伝える活動は本当に大変なのでしょうね。

ともあれ、日本での教室では、今後もよろしくお願いします。」


「くさなぎ先生
お帰りなさいませ。
暑い中本当にご苦労様でした。

今回のインド訪問も困難の中素晴らしい
成果が上がったのですね。

緑がきれいなインドがこれからもっともっと
素晴らしい国に変容していくような予感が私はします。

人々の笑顔がまぶしい国になっていただけたら
本当にいいですよね。

これまでの社会は勝つ人がいて、また負ける人がいて
富が集中する仕組みでしたが、多くの人が幸せになる
そのような仕組みができたら本当にいいですよね。」

そうなんだよね。

受け取ったもの・さずかったものを、どれだけ他のよき目的のために活かせるか、

という発想でくみたてていきたいものです。

きれいな水を飲むことができる。

それを配ることで利益が出て、生活がすこし豊かになる。

そして、その利益の一部を、もっと大きな、コミュニティや他の場所の利益のために使う。

そういうしくみを作ることで、利益一辺倒のビジネス、エゴのぶつかり合いの国や人間の関係に

ちがう価値観をもちこむことができる。

今回のプロジェクトは、世界でも珍しいビジネスモデル兼開発援助モデルです。

具体的な議論はこれからなのですが、

売上の何割かを最初に共通利益に配分――教育・医療・地域インフラの整備・保険など

できないか、と考えています。

今回のプロジェクトに関わっている方々は、なんだかみな 
仏教のこころ をお持ちのような感じがしています。

これから、どんな形で展開していくか、私自身も楽しみです。


ひとは自分のためだけに生きるにあらず。

他の命を想い、つながりを想うことで、もっと豊かに幸せに生きられる。世の中はもっとよくなる。

愚直に、そういうところにこだわってもいいよね。

そのための仏教なんだから、ね。

うまくいきますように――。


日本ポリグル社の小田先生と青年たち(建物の屋上につくってます)