仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

仏教以外のこと・・・その1

5月18日
ちとまじめに仏教語りすぎてきた気がするので、それ以外・・・(=▾=)

●最近、漫画を読んだ。ヨシノサツキという人の「ばらかもん」(スクエアエニックス刊。里の人が持ってきてくれた)。

23歳の書道家の青年が、東京でもめ事を起こしてしまう。
で自分の書を見つめなおそうと、長崎・五島列島で暮らし始める。

そこで出会ったのが、野性味たっぷりの女の子「なる」ちゃんや島の子供たち。
島の人々との親密な交流が始まる・・・。

小出しのギャグ(大笑いというのではないけど、せりふとか表情とかでクスリと笑わせる)が上手。表情の描き方が面白い。

五島列島は作者さんの生まれ故郷。実体験がベースの作品なので、すごく生活感が漂ってる。


生活感というのは、日々あたりまえのようにしていることや、目に見える風景なんかで変わってくる。時間の流れ方もちがってくる。

私は、自分の日常とはちがう生活感を描いた漫画が好き。


○生活感で思い出すのは、岩明均氏の『風子のいる店』

女子高生の風子が地元の喫茶店でバイトを始める。人見知りがひどくて、注文とるのも一苦労。尋ねられると赤面して固まってしまう。

そんな風子の身の回りに起こる出来事を淡々と描いていく。

この作品も時間の流れがゆっくりしてる。公立の共学の高校に通って、バイトもして淡い恋愛も体験して進路を考えて、という、ふつうの高校女子の心にはこういう時間が流れているのかな、と思える。なんだか妙に甘酸っぱい読後感が残る。

「生活感」――龍瞬のテーマかも!
(いえ、私の話に生活感がないとごく最近いわれたわけではけしてなく・・・・)


●なんで漫画の話をするかというと、私も漫画(というか、今はイラスト程度だけど)を描くから。

小学4年の夏休みに、奈良から漫画の原稿もって東京九段下の小学館に持ち込んだことがある。

未来にロボットが反乱を起こして月に独立基地を作った。地球の人間と戦争を始める。

主人公の少年が特殊作戦のチームに入って月にいくのだけど、そこで少年自身がロボットだったという事実を知らされる、というSFもの(よーやる・・・)。

「面白いと思った漫画のどこが面白いかよく考えてみてね」とアドバイスもらったことを覚えている。

そのあと、高田馬場にある手塚プロに行って、(手塚先生には会えなかったが)カレンダーやらサイン色紙やらをもらってきた。

大学に行く前は、美大か絵の専門学校に行こうかとふと思ったこともあった。

中学の頃には、『北斗の拳』が大人気で、放課後友だちと一緒に少年ジャンプを読んだ。

あのド迫力の線の入れ方に引き込まれてしまって、目でコマを見ながら頭の中で線をなぞるということをやってた(ラオウの顔の輪郭とか影の入れ方をシャッシャッと頭の中でなぞる)。そうするとページを開いたまま止まってしまう。友だちが嫌がって、以後私とは一緒に読まなくなった(笑)。


○最近読んだのは、益田ミリの『すーちゃん』シリーズとか、業田良家の『自虐の詩』とか。

すーちゃんはほんっとーにフツーの三十代女子なのだそう(「共感度120%」なんだとか)。

老後に漠然とした不安を感じたり、結婚しないことにうしろめたさを感じたり、同僚へのちっちゃな嫉妬で腹を立てたり・・・。

「このひとが仏教学んだらダメだな~(漫画にならなくなるな)」と思った(笑)。

だって、すーちゃんが「生きとし生けるものが幸せでありますように」「慈悲の心でバイトしましょ」なんて言い出したら、みな逃げるでしょ?(私だって逃げるかも)

すーちゃんは、かつての私(今もいるかもしれないもうひとりの私)が幸せを感じるだろうフツーの毎日を送ってる。だから私は読んでると、ほんのりと幸せな気持ちになれる。

でも本人はあんまり幸せだとは思っていないみたい。
幸せというのは、持ってる本人にはあまり見えないという特徴があるみたい。

ひとは、自分が知らない日常に、心のどこかで憧れを持ってるものなんじゃないかな。

私は、小さな頃から、「コレとはちがう人生」をずっと追いかけてきたところがあるから。

だからちがう生活を垣間見せてくれる漫画が好きなのだろう。


●里の人に、「好きな漫画(仏教に参考になりそうな漫画)をもってきて」と声をかけたら、ちらほらと持ってきてくれるようになった(ありがとうございます。精進(勉強)します)。

なんで声をかけたかというと、
今はもう、ストーリーのある漫画は描けそうにないけど、でも4コマとか1ページの読み切りなら描けそうな気がするから・・・。

ちなみに、WAVE出版の『悩んで動けない人が一歩踏み出せる方法』(タイトル長いな・・・)のカバーイラストと中の図絵は、くさなぎ龍瞬の作品です。

あのタッチで、仏教的な視点・メッセージの入った、でもほんわかして笑える漫画を描いてみようかな、とちょっと夢想してるところ。

もし皆さんが、「この作品が好きです」「人生感じます」「生活感あふれてます」「笑えます」「ほのぼのします」「仏教的です(?)」と思う漫画があったら、ぜひぜひ教えてくださいね。


●いよいよ、来週から仏教の学校再スタートです! 

「はるかなる法縁(つながり)」の次にくるテーマは???

刺激度アップしてお届けします!

くさなぎ龍瞬かきおろし(タイトル長いよ・・・)