仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

もう迷わない――そのために

こんにちは、草薙龍瞬です。

まだ夏が頑張っているようですが、
秋の訪れにはあらがいようがないらしく・・・土用波(どようなみ: 夏の終わりにどっぱーんと岩をたたいて引くあの波)のような日の気配をこのところ感じています。

私としては、あと2、3週間はド夏気分を味わっていたいのですが・・・なんだか今年の夏は短かったような気がしているのですが、みなさんはいかがでしょう。

仏教の学校は、いよいよ秋学期に突入です。今度は禅の境地や時間論など、また面白いテーマが出てきそうです。

ここまで仏教を学び続けてきた人は、ぜひ誇りに思ってください。
この半年を振り返っても、それまで自分の中には存在しなかった、さまざまな視点・考え方に触れたはずです。

それは、劇的に何かが変わった!という感じにはまだならないかもしれませんが、しかし、ないのとあるのとでは全然ちがう。

経験した、という事実を誇りに思いましょう。経験し続けること、学び続けること――「道のひと」というのは、そうやってできていくのだと思います。ただ無自覚に生きているのとは、ちがう人生がすでに始まっている。

仏教というのは、よしと思える生き方を作るための基礎工事です。何度も重ねて、自分という人格の足もとを見つめて、掘り起こして、新しい視点・発想を埋め込んでいく。
時間をかけて、じっくりと築いていくのです。

どこまでやれば「道が完成する」なんていうのは、ありえない。それはじつに浅はかな見方だと思います。
知識をただ増やす(「その言葉は聞いたことがある、もう知っている」)、というのもおかしな発想。自分の考えのクセはそのままに、ただ知識だけでアタマをふくらませて、何か学んでいるかのような気になってしまっているのでは。それも違います。

何度も何度も何度も、繰り返し心におさめて、念じて、とことん考えて、自分の発想そのものにしていく。(心は瞬時に入れ替わっているのだから、「同じ知識」というのは本当はないのです。)

自分の心にその言葉・考え方が定着してきたら、ではそれをひととの関係・日常場面でどう活かすかを考える。活かせるようにがんばってみる。「応用」までやりぬくところに本当の面白さがある。

(生活にマンネリを感じているひと、新しい世界に飛び込んでみては?)

これは一生の仕事。どこまでやれば終わりなんていうものではなく。

人生終わるまで育てていくぞ、考えていくぞ、という心がまえに立ったとき、はじめて「道」が心の中に生まれて、迷わなくなるのだろうと思います。

ちなみに今の私には迷いはありません(四十年かかりましたけど)。
死ぬまでこの道を歩いていけばいい(外れなければいい)、という思いがあるから。
ゆっくりでいいのです。

一生この道をゆく、という覚悟が「あったりまえ」になったひとを「道のひと」というのでしょう。不動心。これこそが最上の安心立命。

道は無窮なり(道に終わりはない)――という道元禅師の言葉は、至言です。