仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

旅情づくしの名古屋ゆき

こんにちは、くさなぎ龍瞬です。

✩明日10月9日からまた仏教の学校がスタートです。
おそらく12月半ばからインドに長期出張になる気配があります。

私の中では、ココまでは伝えておきたいという輪郭があります。そこまでなんとかいきたいと思う。最後は「さとり」とは何だろう、というテーマになることでしょう。

もちろん語り尽くせぬ部分のほうが多く(ほとんど)残るのだろうけれど、それでもかなり仏教の「本質」を突(つつ)いてきたように思っています。「本質」を私たちそれぞれが日常において「実践」していくことで、「深さ」を実感できるようになる。実践と深さの実感はひとそれぞれだろうけれど、ともかく「本質」部分を残りの時間もこだわって伝えていけたらと思っています。

とにかく歳末の冬の最後の授業まで、今の調子と雰囲気でやっていきたいと思ってます。ぜひみんなも頑張ってください!^^

✩10月6日(土)の名古屋での初ライブは盛況でした。熱心に質問してくれる方が多くて、私も進行がラクでした。
その模様も、季刊誌のなかで紹介したいと思います。

できれば、東京のように定期的に開いて、徐々にもっとディープな話をしていければという願いがあります。

やっぱり、ひとつの思考法や視点というものを、心に定着させるには、「継続」が大事になるので。
この点、大学の授業なんかは、3ヶ月、半年単位で組み立てられています。この継続性にはやっぱり理由があります。

定期的に通って、その場の空気に触れて、考えて、また日常に帰ってそこで熟成させて、、、ということを繰り返す。そうしてはじめて、じわじわと心に変化が生じてくる。

もし、仏教のみならず、何かを学んでいて、「身についていない」「わかったという実感がない」というひとがいたら、「ルーティン」(これを繰り返すという作業のリストアップ)と、一定期間の「継続」という視点を意識して、「何曜日はこれをやる」という、習得のタイムテーブルを組んでみてはいかがでしょう。

✩名古屋のライブが終わって、夜は三重松阪へ。こちらは勉強会というより、もう、同好会というか、いいお友達会という感じです。

みんな仲が良くて、付き合いも長くて、しかもそれぞれに仏心(ぶっしん)というか、まじめに話せるところもあって、毎回とても楽しい思いをさせてもらっています。

夜泊めてもらった○○ホテルが快適でした。今は安くてサービスのよいホテルがあるのですねえ。そして明日また次の場所へ、、、という形で移動できたら、旅情も味わえるしライブもできるし最高です。徐々にそういう活動ができるようになっていったらいいな。

行くときも、道中も、帰るときも、たくさんの旅情を味わってきました。昔は旅=居場所(自分)さがし、という感じでしたが、今はどこにいっても居場所があります。生きてみるものです。

出張ライブ、大歓迎です。どうぞほかの場所のみなさんも、ご企画たてて龍瞬をお招きくださいね。

またおたよりします。
草薙龍瞬