仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

いよいよファイナルウィークに突入!

こんにちは、草薙龍瞬です。

いよいよ、仏教の学校も、2013年ファイナルウィークを迎えました。今週土曜日できっかり終わりです。翌日にはインドに行ってまいります。

来週には季刊誌<興道の里>の12月号が届くと思います。
まだ見本誌をもらってない人は、まだ間に合いますので、お名前とご住所をお知らせくださいね。

さて、あさって水曜からの土曜までの講座が、年間最終講座となります。

仏教の学校(冬①水曜クラス) さとり ~ 仏教がおしえる人生の最終ゴールとは?
12月 11日 (水), 19:00 ~ 21:00
東麻布 ※場所はスケジュールをご覧下さい。

仏教の学校水曜クラスの年内最終回の講座です。テーマはずばり「さとり」。

悟りとか、涅槃(ねはん)とか、解脱とか、アヤシイ言葉がいっぱいでてきます。
きっと知らない人が聞いたら、ヘンなことやってるなあ・・・と思うことでしょう(笑)。

まあでも、仏教を学ぶと必ずといっていいほど、こういう言葉は出てくるので、このへんで、実際にはどういう意味なのか、はっきりさせておくのはよいことだと思います。

私が見聞するかぎり、悟りやら涅槃やら解脱やらという言葉には、人間の妄想がたっぷりこびりついていて、もともとの姿を正確に描写していないと思っています。
正しい修行をすれば体験できる、ひとつの心境(精神状態)なんだと思ってもらえればよいと思うのですが、、、。

一年通ってきた人には総まとめとして。はじめての人には、仏教の最終ゴールを確認するいいきっかけになるとおもいます。ぜひご参加ください。

そして、12月14日(土)は、年納めスペシャルとして、午後と夜間の2コマやります。
2013年総集編1 <仏教のきほん>総まとめ (仏教のすべてがわかる超おトクな講座)
12月 14日 (土), 16:00 ~ 18:00 東麻布 ※場所はスケジュールをご覧下さい。

①自分でふりかえる今年のプライベート十大ニュース、②「仏教のきほん」総まとめ~一年の講座をふりかえって発見・学んだことをシェア。③歳末御礼~草薙龍瞬のミニ仏教講座、④なんでもQ&A(フリートーク)

ざっくばらんなフリートーク形式でやりたいと思います。ちょっと早いですがクリスマス気分でお越しください(仏教ですけど)。

2013年総集編2 マイテーマ(わたしの課題・宿題)を仏教で考える (仏教の学校2013年打ち上げ講座PART2:夜の部)
12月 14日 (土), 18:30 ~ 21:00
東麻布 ※場所はスケジュールをご覧下さい。

みなさんから寄せられた「マイテーマ(わたしの人生の課題・宿題)」を仏教で考えるとどうなるか? 
参加者の意見を寄せ合います。かなりユニークな心理学的ストーリーについて、どう考えるかをグループで語り合うコーナーも。
クリスマス前夜祭として、楽しくあたたかくやりたいと思います。


★一年をふりかえって思うことは、季刊誌12月号にまとめたいと思います。(今月号も充実の文章&マンガが満載です^^)

みなよくがんばって生活されてますね。

生きているというのは、それだけで誰かへの貢献になっているのだとつくづく思います。
みなさんが来てくれるから、この里の講義も充実してきたのであって、、そこは本当に感謝したいと思います。

もちろん、、、いうまでもなく、この場所は道(生きかた)を学びあう場所です。

だから、ひとつお伝えするとね、最近よく思うところですが、多くのひとが「焦りすぎ」です(^^;)。

焦らせているのは、これまでの自分自身だと思ってもらってよいです。

まったく新しい生きかた・学びをしようとしているのに、どうして過去の自分に判断させようとするのかな?

その判断が正しい約束はどこにあるのでしょう?

たいていは、これまで何度も繰り返してきた、同じ欲(願望)と、妄想とで、てっとり早く、これまでの自分を納得させてくれる答えをみつけようとしていませんか?

でも、それはありえない。これまでの自分に答えを出させてはダメです(笑)。

新しい学びに、自分に都合のよい妄想をもちこんではだめ。

ハラをすえて、「これは自分にとって本当に必要なことだから、これから時間をかけて、やり通すんだ」という決意をかためてはいかがだろう。

仏教のことばかりじゃなくて。今取り組んでいる仕事とか、人間関係とか、趣味とか、習い事とか、すべてのことについて。

子供たちの方が、まだ新しい学びが上手なように思います。子供たちはあれこれと先を考えたりしないからね。

「早く、早く」とか、「何年・何ヶ月でここまで」といった、はからい・分別を捨てることから、本当の学び、つまり本当の人生は始まるのだと思います。
そうしたはからいこそが、執着が生み出す妄想なのだから。

そういう発想からは、あまりいい結末はでてきません。ふりかえって、それでうまくいきましたか?

やらねばならないことは、やらねばならない。
その覚悟をきめてみては?

焦りが微塵も生まれない心境が、ホンモノです。
ハラをすえましょう。