仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

すばらしいとき (インドウダサ村)

私たちの学校Genuine Dhamma Scholar Schoolの生徒たち
こんにちは、草薙龍瞬です。

今インドです。ほんとはいつものように、行ってきます!と行って旅立つのですが、今回は挨拶する余裕もないまま日本を離れてしまいました。

今回のインド訪問では、創立後5年目になる幼稚園がいよいよ新校舎に移って、そこで学んでいる子供たちの姿を見ることができました。

140人の子供たちが、我々が作った校舎で勉強しているのです。すばらしい光景でした。

昨年1月に訪れた時は、まだ土地を買う資金繰りに苦労していました。また幼稚園も政府の認可を得るのに40万円ほどの供託金が必要なため、資金調達のめどがたたず、閉鎖さざるをえなくなるかもという話をしていました。

しかし日本の教室に来るみなさんが入れてくれたカンパで土地を購入し、

台湾の篤実な仏教徒のご婦人が供託金全額のお布施をしてくれたため、幼稚園は無事認可を得ることができたのです。

私たちのNGO・GDIAが購入した敷地はちょうど幹線道路沿いにあって、今後その道路は二車線から四車線に拡幅されるとあって沿線の土地はぐんぐん値上がりしています。もしタイミングを逃していれば、我々は土地を買うことができなかったおそれがかなりあります。

今こうして一四〇人の子供たちが、広い敷地で駆け回って遊び、レンガ造りの平屋の校舎で勉強できるのも、仏教を通じてのインドと日本との縁が育っていたからです。不思議な因縁のはたらきであろうと思います。

もし2006年当時のウダサの人たちとの出会いがなければ、

志を同じくする青年たちがこの地に育っていなかったら、

私が日本に戻って小さな活動を始めていなかったら、


震災後に台湾の仏教徒の人たちと出会っていなかったら、

この村の子どもたちの今日一日は存在していなかったはずです。

朝、大きなカバンを背負って野原を歩いてきて友だちと出会い、GDIAの青年にカギを開けてもらって大きな黒板のある教室に入る。子供たちの目にはどう映っているか。

「ドラえもん描いて」と私にせがんだり、「よーいドンやって」(かけっこの合図)と頼んできたり、それも叫び声に近い大声で訴えてくる子どもたちには、たとえば台湾のその女性の存在は想像もつかないだろうけれど、それでもそういう目に見えない因縁によって、今日の子供たちの一日がある。

なんとも巡り合わせというのは深いものだと思います。

GDIAの幼稚園は、政府の認可も受けて、人びとの認知度もぐんと高まったとか。


この地にはいろんな可能性が育っている。これからもっと芽を吹くだろう。

こういう善意の芽を吹かせるのは、結局は、そういう心があるかどうかで決まる。つくづくそう思う。

善いことを心がける心があれば、それが不思議にも縁となって結実して、いろんなカタチの花を開かせる。

芽が開くのは、土や光そして酸素があるから。命の力が世界に満ちているから。

この村での活動のように、ほんの少し美しく善き芽が開くのは、そういう行いをしていこうという善意があるから。

この村には、純粋な善意があるのである。

こういう善意を分かち合える同士というのは、ほんとうに一生に一度あれば幸いというくらいの「僥倖(偶然の幸せ)」であるだろう。

私の人生はラッキーである。
善意をカタチあるものへと創り出すことができているから。

(来年1月23・24日の学校の創立式を行います。日本の人たちも招待しますので、この機会にインドに行きたい!という人がいたら、今から連絡くださいね^^)