仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

ふなっしーいただきました(GW第一弾:坐禅と仏教)

快哉の日

今日(4月29日)は、GW初日ということで、神楽坂で坐禅会、巣鴨で仏教の無料講演会があった。

坐禅会は、心に降り積もった雑念を洗い流すためのもの。

日常を生きる中で、心は反応し、結生(けっしょう:強度の反応として残ってしまう現象)して、それが心のホコリ・塵となって溜まっていく。

もし反応が弱くて、執着する度合いが低ければ、結生しても、まもなくエネルギーを失って忘却(消去)される。が、

しかし強く反応して、しかもその反応に執着する心があれば(その執着の原因は、人によっては性格だったり、誰かと長年続いている関係だったりする)、結生したホコリ・塵はなかなか消えてくれず、心の中に降り積もっていく。

その結果、どこかすっきりしないココロの状態になる。

「どうも最近精神状態がよくないな」と感じる時があるとすれば、それは喩えるに、部屋がゴミで満杯になってその汚さ・息苦しさに、「もう耐えられない!」と悲鳴を上げた状態だと思ってもらっていい。そう感じたら、よっぽど心は汚れているのである。

そういうとき、心にちょっと気づく余裕や聡明さがあれば、心にゴミが詰まった状態を自覚できる。

さらにその人に徳――ここでは仏教という“方法”にめぐり逢っているその人の人生を徳と表現させていただく――があれば、「こりゃいかんな、心を洗濯しないと」と発想して、その方法である坐禅をしに来たりする。


そういう人が今日も来られた。そこで伝わってきたのは、なんというか、“徳の蓄積”だった。

本人は自覚がないのだろうが(ないほうがよいのだが)、仏教という思想にしても禅・瞑想にしても、一年以上通じていると、やはり心のどこかに違いが出てくる。“底”のようなものができてくる。

その“底”のようなものは、やはり仏教や禅――いやもっと広く一つの「道」なるもの――にまったく触れたことのない人からはめったに見えない。

触れたことのない人というのは、まさに底なし――じっと座っていると落ち着きがなく、途端に眠気に襲われてしまったりする。

曲がりなりにも、一年、二年――その歳月の蓄積が、人の心に“底”をつくる。

そう想わせる機会が、今日は何度かあった。巣鴨においても。


巣鴨は、無料講演会ということで、新しい方がけっこう来られていた。

その多くは、仏教につながる機縁を心の中に持っている方たちだとわかった。

形を変えて言葉を交わせば、さまざまな分かち合いが可能だろう。
面白い、実りあるやりとりができるだろう。

そう思わせる方々がたくさんおられた。善き時間だったと思う。


そして、帰ってから、八十一歳になるご婦人と電話で話をした。

昨年七月には、闇の中で苦しみあがいていたお方である。

ところが仏教に巡り合って、人間が変わったかのように、あるいはまさに生まれ変わったかのように、毎日が希望と充実と感謝に満ちあふれるようになった。

「今は感謝のカタマリです!」とおっしゃる。

興道の里の季刊誌や私の本から、善き言葉をカレンダーに書き写して、壁にかけて毎日見てくださっているのだそうだ。そして一日の終わりには、私の健康を祈って下さっていると仰る。

長年苦しめ合ってきた息子さんには、「おまかせ、と思っています」と言う。

声に張りと元気があって、日々の過ごし方に感謝と希望と慈愛が溢れていて、

なんだか、こちらこそが“ほとけさま”の声をいただいているかのように感じて、涙が出てくる(;▽;)。

やっとたどりついた“極上の”人生。

そのまま、そのまま、一日一日を、味わって、慈しんで、生きてまいりましょう――。
今日いただいた差し入れ(さすがにヒャッハー♪とは言えませんが(´`*))