仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

夏の終わりに思う、葬儀が必要な理由

こんにちは、草薙龍瞬です。

甲子園が終わって急に秋めいた感もありますが、もう夏は終わりなのでしょうか?(あとひと月くらい個人的には続いてほしいような^^)

季刊誌の夏号が出来上がりました。今日発送したので、今週中には着いてくれるのではないでしょうか。

今号は、「見送るとき」という特集です。

誰かに先立たれたときに、どのような想いで見送ればよいのか――。

最近は、「葬式不要論」というものも出てきていますし、
無宗教・無宗派の葬儀を、という傾向も強くなってきている気がします。

ただ、誰かと死に別れるというのは、
残される側にとっては人生の大きな出来事ですし、
先立つ側にとっても、人生の一部であることに変わりはありませんね。
(どんな思いで先立つかによって、人生そのものの色さえ変わってくるのかもしれませんから。)

いずれにとっても、生きることの一部。ならば、そこにたしかな意味を創り出す必要があるように、個人的には思います。

「葬式は不要」と決めたところで、では、自身の人生の一部を意味づけることすら無くしてよいのか。

「無宗教の葬儀」とはいうけれども、しかしそれは、これまで葬儀という命の一部を、仏教やほかの宗教に委ねてきて、意味づける作業を怠ってきたから、そういう発想が出て来るともいえるわけで、

宗教行事として行うかどうかとは関わりなく、「見送るとき」は、人間誰にでも訪れる、避けられないものではないでしょうか。

その避けられない出来事に、ひとはどのような意味を見出すのか。見出
せばいいのか。

そこは、別に宗教でなくても、仏教でなくても、特定の宗派によらなくても、どのような形で行うにしても行わないにしても、
やはり考えなければならないことであろうと私は思います。

そうでないと、生きてあること、出会ったこと、今なおつながっていること、今そのもの、人生そのもの意味が希薄化してしまう。

それは、故人が生きていたことの意味をも希薄化してしまうことでもあるし、生きてある者たちの人生の意味をも希薄化してしまうことにならないでしょうか。

これまでの葬儀のしきたりをただ踏襲することが正しいわけではないし、
これまでのしきたりについて疑問・異議があるからといって、「では全部なしにしましょう」というのも正しい思考ではない。

死に別れることが人生に不可避の出来事であるならば、その必ず訪れる人生の一部に、自分たちはどのような意味を見出すのか、何をもって正解――自分たちにとって納得のいく見送り方――とするのか、

そこはやはりきちんと考えて、答えを出す必要があるかと思います。

宗教であろうがなかろうが、仏教によろうがよらなかろうが、そのようなことは本質ではないように思います。

あなたはどのような思いで、そのひとと出会ったこと、縁結ばれたことを受けとめるのか。

あなたは、どのような思いで、そのひとたちと出会い、縁さずかったことを振り返ろうと思うのか。

これ(葬儀)は、見送る側にとっても、先立つ側にとっても、お互いがこの世で交わしたつながりに、「ひとつの意味」を見出すための作業なのです。

怠るべきことではありません。むしろ前向きに、意識して取り組むべき、大切な出来事なのだろうと思います。

別れてなお、生前と変わらぬ、あるいはそれ以上の、友愛や愛情をもってつながりうるような、そういう生と死とを結ぶ行事というのは、ありえないものか――そういう思いで、僧侶として活動させていただいております。

今回の季刊誌は全部で44ページとちょっと大作になりました。その一部(3分の1弱)をおすそ分けさせていただきます(ご希望の方は、メールにてご連絡ください)。

今回は3人の方にご協力いただきました。ありがとうございます。

印刷したものは教室でお配りしております。

8月ももう終わり――また新しい季節、秋に入りますね。
日本は本当に季節に恵まれた国ですね。

草薙龍瞬合掌