仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

よきGW連休を!

こんにちは、草薙龍瞬です。

(ひとりごと: ネパールの大地震、気になります。私も旅したことがあるので、
あの地の家屋の脆弱さ(土とブロックで固めた程度の、本当に質素な作り)は分かります。M7.8なんて、カトマンズの家々は簡単に崩れてしまったでしょう……。

一番よいのは、隣接するビハール州に仏教徒たちがいるので(あのナーランダも含めて)、彼らと一緒に現地に入って、活動すること。むろん今は難しいので、現地向けの寄付くらい。大きな組織だとムダも増えるのは現地での体験上わかっているので、使い方を特定している小さめのところがいいかと思ってます。)

さて、

●みなさんは、GWの連休はどうされるのでしょうね。私は「勤労&休日」という生活からかなり長い間遠ざかっているので、「わーい、連休だ」という感覚が分からなくなっています。また、一つの現場で「働く」という感覚も、遠くなっているかもしれません。

最近、望郷の念に近い思いとしてあるのは、「働きたい」という思いです(笑)。

名前を変えて派遣社員として働くとか、ボランティアスタッフとして勤めるとか(昔は、四国の福祉施設でボランティアをしてたこともあります。30才になりたての頃ですが)。

要は、ひとつの「はたらき」「役割」を果たしたいのです。

もちろん、お坊さんとしての働きは勤めさせてもらっているけど、やっぱり固定されてしまう。しかも戒律とかいろんな制約があるので、どうにも動きにくいところがあります。

わたしは、ひとつの役割に固まってしまって、アタマが固定してしまうこと、そして「わかったつもりになってしまう」ことに、かなり抵抗があります(もともとひねくれ者ですから笑)。

ちょっと違うはたらき、役割も果たしたいなあ、みんなと一緒に仕事できたらなあ、なんて思う気持ちも今ちょこっと出て来ています。

とはいえ、現実は、ひとりきりの修行みたいな毎日です(笑)。今年に入ってから、電話もかなり時間制限して、数時間のみ(仕事用に)オンにしているくらい。もちテレビもなし、メールチェックは外の公共スペースにて、という具合。静寂、沈黙というのを、今かなり大事にしてます。やはり、心見つめる時間というのは、とても大事。

ある人は、1日15分だけ、暗闇でロウソクの火を見つめるという時間を半年続けて、「心が入れ替わる」体験をしたのだそうです(ある本の話)。心をリセットするにはけっこういいみたいです。試してみては?

私のほうは、このGWは、新刊原稿のいよいよ総仕上げです! 頑張ります。

●けっきょく、人生は、ひとの役に立ってナンボですよね。自分の心のバランスを保つためでもあると感じています。私も、将来もっと自由に動けるように(ビハール、ネパールにもできれば長く滞在できるように)していくのが希望です。でも、そのためには、月に4度のカルチャーとか(これは今のところ動かせないTT)、原稿執筆とか、一見「自分寄り」の作業をせねばならない状況です。もちろんこれも、お役に立つことの一部ではあるのですが。

うけとることと、差し出すこととのバランスに気をつけないといけませんね。

そうそう、昨年一年の活動を振り返る時間が最近あったのですが、とにかくみなさんには多くの支え・助けをいただいているのだと、あらためて実感し、慎みを感じました。ほんとうにありがとうです。あまり御恩返しできていないような思いにもになりました……ありがとうございますです。

そういう思いもあってのことですが、この夏の<全国行脚>では、いろんな場所を回る予定です。特にみなさんには、ご近所や御縁者の方で、ちょっと困っていること、悩んでいること、あるいは単純に仏教について話を聞きたい人などにお声をかけておいていただければ嬉しく思います。純粋に、ひとが前を向くときの希望というか、喜びをたたえた表情を目の当たりにしたいです。それが一番うれしいこと。

今はそれくらいしか役に立てることがないので……よろしくお願いいたします。

●かつてのブッダの人柄を語った仏典を引用します(こんなふうになれたらいいな、という個人的な目標でもあります(笑))

「修行者ゴータマは、実に〈さあ来なさい〉〈よく来たね〉と語る人であり、親しみあることばを語り、喜びをもって接し、しかめ面をしないで、顔色はればれとし、自分のほうから先に話しかける人である。」長部経典 中村選集12巻

みなさん、よき連休を!