仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

新年明けましておめでとうございます 一年に向かう〝仏教的な心がけ〟

1月4日
こんにちは、草薙龍瞬です。

いよいよ2016年(仏歴2559年)が始まってしまいました?ね。

みなさんは、どこで正月をお過ごしになったのでしょうか。
心の羽を休めることができましたか――そうだったら好いと思います。

私は、地味~に、ひとりモノ書きに専念しておりました。
テレビもないし、新聞も取ってないし、そもそもあんまり外に出ませんでした^^;)
おせち料理を送ってくださったので、それが唯一の正月気分だったかも。

○年賀状、送ってくださった方、ありがとうございます! 

ほんとは返信か、そもそも最初から私のほうから年賀のあいさつを送りたいのですが、毎年どうしても余裕がなく――何より、年賀状送るなら、描き下ろしの漫画入りで……と考えてしまって、結局その時間が取れなくて……ということを繰り返しているような(笑)。何事も「入魂」したくなるのは、私の性分でございます。

「入魂」って、やっぱり複数は難しいのかもしれない。今は、本に心を尽くします(=人=)。

●プライベートな話ですが、一本原稿が落ち着いて、次の原稿の合間のアタマの切り替えに、映画STARWARS を観に行ってきました。

「期待外れ」でした(笑)。がっかり……(はい、妄想と執着です(笑))。知ってる人も多いと思いますが、あのシリーズは、ジョージ・ルーカスが1977年に最初の作品を撮って世界的に大ヒットして、今回7本目が、別の監督のもとで作られたのです。ところがその出来があまりにお粗末で……察するに、全世界何千万人ものスターウォーズ・ファンを失望させちゃったんじゃないかなと思いました。

映画も、文章も、結局、 作り手の情熱・想像力・着想(めざす世界観・人生観・作品観) で決まってしまうんだな~という感想が残りました。ホント、「こだわれる」人しか、いい作品は創り出せないんだなと。

今の時代、「こだわり」がないがしろにされていないだろうか。「こんなもんでいいでしょ」的な仕事が横行していないだろうか。

●「仏教」についていうなら、語る側の情熱、人々の現実・日常への想像力、あるいは「仏教とはどのような思想であるべきか」という思想観が必要になる。みんな「仏教とは、お釈迦さまの教えとはこういうもの」と語るけれども、その言葉は結局、語る人間の心から生まれてくる。

もしその心に慢があれば、その言葉は、上から目線だったり、不必要に難しかったりするだろうし、

もしその心が妄想から抜けていなければ、〝確かめたことのない架空の話〟が簡単に混じってしまうだろう。

もし自分がラクな立場・生活に収まってしまえば、その言葉もやはりラクなものになり、結果的に、生ぬるい言葉になってしまうのではないか。

結局、言葉は、心を超えては出てこない。だから、心を小さく縮めてしまうのではなく、「もっと大きく」「もっと開かれた」「もっと現実を見すえた」「もっと役に立つ」「もっと創造的な」ものに、広げようとしなければいけないのだろう。

ちょっとでも「これでいい」という思い――これも慢――に囚われてしまったら、そこから可能性は枯れていく。仏教の世界なら〝マーラ〟、スターウォーズなら〝ダークサイド〟の力に負ける(笑)可能性は、いつもある。用心しないといけないと思う。

そういう意味で、正月のように、静寂の中で独り、自分の心の内を確かめる期間や、あと二週間(!)後に控えているインド行きなどは、 「心を叩き直す」  いいきっかけになる。

新年をもって、また新しいひとつの〝道〟が始まったということ。

一歩、一歩、心尽くして歩いていきたいと思います。精進してまいりましょう!

●告知です:
☆2月6日(土)午後、博多にて仏教講座を開く予定です。場所は追って告知します。九州の方、ぜひいらしてください。
☆神楽坂の仏教講座は、3月中旬から。
☆夏には「全国行脚」です。ぜひお会いいたしましょう。
☆3、4月に海竜社さん、KADOKAWAさんから新刊出していただきます。どちらも真心こめた書き下ろしですので、お楽しみにお待ちください。


●さて、

何を〝新年の抱負〟にするにせよ、基本は〝心尽くして、ていねいに〟です。

心動揺したときほど、目の前の作業を〝密に密に〟やるように心がけましょう。


あなたの一年が、よき年でありますように――

本年もよろしくお願いいたします。
草薙龍瞬謹白