仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚、まもなくスタート! 講座、個人相談、法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●メール通信、配信中。
①お名前、②都道府県、③近況(本の感想・知ったきっかけ等も可)をひとこと 書いて koudounosato@gmail.com まで。※フリーメール着信拒否の設定になっていないか、ご確認ください。
●廃寺・空き寺・日本家屋を募集中! 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ぜひご連絡ください。

あったかくて、やさしくて、役に立つブッダの新・家族論! 3月新刊タイトル発表!

2月22日
こんにちは、草薙龍瞬です。

現在、3月刊行の本の原稿校正が大詰めです。タイトル、カバーデザインと整ってきて、いよいよ山登りでいえば9合目あたり。

ただ肉体作業が多くて(赤入れしたり消しゴムかけたり(笑))、ラクな作業ではありません。


●今回の本は、これまで出会った人たちの人生、苦悩を、最大限汲み取りながら、作りました。

たとえば、前書きを書くときに、家族をめぐって感じる思いを、「(報われない)空しさ」と表現するのか、「満たされなさ」や「未練」と表現するのかで、伝えるものはかなり変わります。

そういう、具体的な言葉を選ぶときに、過去に出会った人を思い浮かべて、その人の心情に一番近い言葉を選ぶ――というような作業をやっていきます。

言葉というのは、想像や理屈(観念)だけで、いくらでも紡げるものです。

ただ、それではリアリティのない「理屈だけ」の言葉になってしまって、聞こえはいいけれど、胸に響いてこない、空疎な文章が出てきてしまいます。

世の中には、いろんな本がありますが、しかし、私が機会さずかる本というのは、いずれも、丹精込めた、かぎりなく肉声に近い言葉を、という気持ちで、毎回作っています。

だからこそ、たいへんな思いもするし、出版社・担当編集者さんにも、なかなかラクではない?仕事をご一緒していただくことになるのですが(笑)、

しかし、本というのは、ある意味、人の命・人生がかかってる。

この本が、100人の人に幸いに届いたとして、
もしかしたら、本当に必要だった人は101人めで、その人が命失うことになるかもしれない、

(実際、そういう体験もしているわけですが)

そこまでいかなくても、もしかしたら本一冊との出会いで、その後の人生が大きく変わるかもしれない――

それくらいの思いは、毎回込めて、言葉を紡いでいるつもりです。

だから、届くかどうか。そのために、自分は真心の粋まで尽くしたかどうか、

ほんとに、考えうる限りの精進をして、一冊一冊、作っていくつもりです……。


●さて、お待たせいたしました。本のタイトルを発表します!


前回、「カジュアル」に発表を延ばしたつもり……


でしたが、メール下(送信元)に情報が載っていた!(見つけてしまった)というご連絡がありました。


しまった……これは「カジュアル」というより、「ヌケテル」、でございます。


では発表します!!!!


――タイトル候補、お寄せいただいた方には本当にありがとう。

おかげさまで最高のタイトルが決まりました!! 

次回もぜひご協力ください!

じゃん!



『大丈夫、あのブッダも家族に悩んだ』


著者:草薙龍瞬
版元:海竜社
ISBN:978-4-7593-1479-3
配本:3月18日 ★春分の日には書店に並ぶ予定です。


読んだらぜひご感想をお聞かせください。

また「こんなテーマはどうなんだ?」というご相談・ご質問も随時受けつけています。


もうすぐ春でございます。