仏教講座スケジュール

●古い仏教のイメージから自由になりましょう。心の苦悩・現実の課題を越えてゆくことが、最も大事なこと。思い込みを捨てた時に、ブッダの教えの真髄がみえてきます。
●全国行脚は毎年夏! 講座・個人相談・法事など、ご希望者はご連絡下さい(クリック)
●仏教講座のスケジュールはこちらをクリック。 
●空き寺・日本家屋を募集中 生き方と教育と仏教をひとつの場所で――ご提供くださる方、ご連絡ください。

年納め  最後に帰るは〝慈しみ〟

最後に帰るは〝慈しみ〟
【原始仏典スッタニパータより】


人生の目的をよく知る人が、
 
この安らぎの場所でなすべきことは、
 
次の通りです。


幸福に役立つ心の能力を保ち、

動じることなく、

人生の目的から逸れず、


言葉はやさしさに満ち、

心しなやかであり、

思いあがることのないように。


 
足ることを知り、

人に負担をかけず、

余計な物事を減らし、

簡素に暮らし、

体の感覚を穏やかに保ち、



物分りよく(素直であり)、

高ぶることなく、

人に求めすぎないように。

賢者たちが非難するような過ちを犯さないように。

 
 
生きとし生けるものが、

幸福であるように、

災いのないように、

安らかであるように。


 
いかなる生命であっても――

か弱きものも、
強きものも、
長きものも、

大きなものも、
中ほどのものも、
短いものも、

微小なものも、
巨大なものも、

目に見える命も、
見えない命も、

 
遠くに住む命も、

近くに住む命も、

すでに生まれた命も、

これから生まれようとする新しい命も、


生きとし生けるものは、
 
みな幸せであるように。


どんなときも、
ひとを欺かないように。
 
誠実であるように。


悪意や怒りの思いで

苦しめ合うことのないように。

 
母親が、わがひとり子を命を尽くして守るように、

すべての生きとし生けるものに、

限りなき慈しみの心を向けるように。



上にも、下にも、横にも、

恨みや敵意といった
遮る思いのない、


開かれた心であるように。


立っている時も、
歩いている時も、
座っている時も、
横たわっている時も、


目覚めている間は、


この慈しみの心をしっかりと保つように。


これ以上の、
崇高な境地(心の持ちかた)はありません。


このように努めて、
誤ったものの見方に囚われず、

戒め・つつしみを保ち、

正しい理解につとめて、

求めるがゆえの不満から解き放たれた人は、


二度と

この命に
苦しみを宿らせることはありません。



生きとし生けるものがみな幸せでありますように

Sabbe sattā bhavantu sukhitattā
【サッベー サッター バワントゥ スキタッター】



――人生の・関わりの〝方向性〟をたしかめる。

その方向性にてらして、心の〝仕切り直し〟に努める。

(外れていないか、真逆の思いに執われていなかったか)。


ひとが、年の境の静寂の中でなすべきことは、

正しい心がけに還ること。


新しい年が、
よき一年でありますように――。



インド・ラージギル カッサパ窟から









2020・12・31